No.33

“この自分”でいいや、
“この自分”で生きていける!

大分県豊後大野市 松尾千代美(45歳)

しあわせって なんじゃろか?

 一昨年から旦那の仕事の資金繰りがうまく回らなくなり、昨年の八月からコンビニのバイトに加え、焼鳥屋のバイトも始めたんです。
  しばらく経って、高校一年になる一人息子に私が「お母さん、よう働くわ」って自分のことを言ったら、息子が「そういえば、家におらんな」って。そこで、 “家におる時間は何時間やろか?” と現実をみた時、ほとんど家にいなかったんです。
  そこから、 “こんなはずじゃなかった” と、私の中だけの葛藤が始まったんです。それは、ちゃんと家事もバイトも両立できるという私の自信と、旦那に向けた “あんたのせいじゃ” という思い。
  昼と夜のバイトで体力、精神ともについてこない。全部がよだきい(めんどくさい)気持ちになって、息子といる時間も旦那との会話も少なくなっていく……。 “このままじゃいけん” と思いながら、現実はままならない。 “お金、お金” となっていることも情けなく、 “どうしたもんじゃろか?” とずっと思っていたんです。
  そんな時、『しあわせになる』(久保克児編)の本を読んで、 “自分のしあわせってなんじゃろか?” と初めて、私のしあわせを考えるようになったんです。

自分って なんなんじゃろか?

 ほんで、バイトに向かう車の中で気づいたんです。私のしあわせって、 “日々やな” って。掃除や洗濯、息子との関わり、旦那とのケンカも含めた会話、日々の生活がしあわせ! って。
  気持ちがそこに向いたら、少しラクになって、 “誰のせいでもない” って。すべてを受け止めることはできてないけど、 “家族がおって、自分がおる” と感じ、 “そうそう” と一人納得し、一人でうなずいていました。
  でも、そこで今度は、 “自分ってなんなんじゃろか?” という新たな疑問がうまれたんです。
  そんな中、十月に初めて大分地区で「こころの会」(旧「同志の会」)が行われました。そこで、「自分がわからん。なんで、わからんのか、わからん」という話をみんなに聞いてもらったんです。それまで、ずっと自分をわかったフリで話をしていて、でも本当は自分がわからんかったんです。
  その後、私の話を聞いた親子が、帰ってから、「『わからん、わからんって、その先がないよな』という会話をした」という話をしてくれたんです。その話を聞いて、 “自分がわからんと言っているけど、わかろうとしなかった自分がおる” と、また気づいたんです。同時に “わからんのが今の自分の正直な気持ちで、ここから始めていけば、いいんや” と変にすっきりしたんです。
  ここから、私の自分さがしが始まったんです。

雨が大好きな子供だった

 私が物心ついた時、父はトンネル工事の仕事をしていて、家族で大阪にいた記憶があります。まもなく弟が生まれて、大分の母の実家に引っ越したんです。
  母の実家はバアチャンが一人で暮らしていて、私たち家族もそこで暮らすことになりました。
  大分に越してから、父は単身で大阪へ出稼ぎに行き、母はナバ山(椎茸を育てている山)の手伝いに行くことになりました。母は朝七時に家を出て、夕方六時頃に帰ってくる生活に変わり、椎茸のコマ打ち(椎茸の菌を入れる作業)や春と秋の収穫時期になると深夜まで帰ってこない。
  その間、バアチャンが私を含めた六人の孫をみてくれていました。いつも一緒にいたのはバアチャンだったけど、「すかん」とも「すき」とも、バアチャンに対しての気持ちがないんです。その代わり、私は母が大好きで、雨が大好きな子供でした。
  というのも、ナバ山の手伝いは雨が降ったら、お休みだったんです。雨の日は母がずっと家にいて、貧乏だったからたいしたものはなかったけど、母はわりと器用で蒸しパンなどのお菓子を作ってくれました。父も可愛がってくれたように記憶しています。
  でも、はっきり言っていいぐらい、母とも、父とも、会話らしい会話をした記憶が私にはないんです。家族の一家だんらんのない子供時代だったんです。

“そうか~” と少し自分が見えた

 中学生の時、父がいなくなったんです。その場面は、はっきり記憶しています。
  父が一年間、出稼ぎから戻ってこなかったんです。その翌年に戻ってきて、母とバアチャン、そこになぜか私がいて、バアチャンが父に「帰ってくるのが遅かった」というようなことを言ったんです。そのあとにどんな話があったか覚えていないんですが、母が止めることもなく、父が私の目の前からいなくなったんです。
  その後、私は中学を卒業し、母の実家を離れ、働きながら高校に通いました。帰省すると母がきょうだいの話をして、私はずっと話を聞くだけ。自分の話をするよりも、きょうだいの話を聞くほうが母との共通の話題になるので、いつも「うん、うん」って。逆に、「これを聞いて!」という、自分のことを話したい気持ちも私にはなかったんです。
  今考えると、母は高血圧の持病もあり、仕事で余裕がないのをずっと見てきたので、 “私のことは別にいい” という思いが強かったんだと思います。私はただただ、母の話を聞くだけで、母と一緒にいるだけで満足だったんです。
  私の場合は無口と違って、会話をしたことがないから話し方がわからなかったんです。だから、言葉を発すると常に命令口調。気持ちを発していないから、気持ちを整理したり、確認したりができていなかったんです。
  そんな過去を振り返った時に、 “そうか~” と今の自分が少し見えたんです。

「わからん」からのスタート

 今の家族に戻るんですけど、旦那は聞き上手なんです。話をよく聞いてくれる人で、私を受け入れてくれると感じ、 “この人なら大丈夫” と強く思いました。もちろん、父のこともあり、 “父と同じことはせん。子を捨てたりせん” という私の思いもすごく強かったんです。だから、旦那を信じて結婚して、息子が生まれた時は “私の家族ができた!” とすごくうれしかった。
  今まで、生い立ちと環境がそれほど大事だとは思っていなかったんです。 “どれだけ、過去が今に影響しよん?” みたいな感じで、「過去はいい。思い出さんでいい」って。だけど、振り返ってみると、自分の過去が今の自分をつくりだしているって。
  やっぱり、自分の過去に気持ちがいかんと、これからの先が見えんし、自分がわからんって。
  ずっと自分をわかったフリをしてきたけど、 “言えん、言わん、言ってなるもんか!” というプライドと、 “わかったフリをしていたら、それなりにわかってくるもんや!” という変な意地を捨てると、わからんものはやっぱりわからん。

“この自分”って?

 一月に久保会長が書かれた『法華経はなにを説くのか』(春秋社刊)の本が出ましたよね。
  本を手に取ると赤い大きな帯があって、『いま “この自分” に目覚める。』と書いてあるんです。そして、本を読んでいくとまた “この自分” という文字が出てくる。読み進めるうちに、 “この自分って、いったいなんじゃろか?” という疑問が、また沸々と湧いてきたんです。
  まだ “この自分” というのは、ようわからん! でも、 “この自分” がわからんけど、結局、わからんのが “この自分” なんですよね。
「わからん、わからん」から “自分のしあわせってなんじゃろか?” と考えて、 “家族との日々” と気づけた。
  そして、「自分がわからん」という言葉を発することができたことで一歩進めた。
  また、 “わかろうとしなかった自分がおる” と気づけて、また一歩前進。
  わからんなりにわからん自分をさがしていけば、わかろうとすれば、自分が見つけられるって!  
そういう自分を見つけられたことが、私は嬉しかったんです。
  今も自分さがしの途中です。
  でも、自分を語る場「こころの会」があって、聞いてくれる人がいて、話せたこともよかったんだと感じています。本当に受け入れてくれていると感じられる「こころの会」があったけん、私は「わからん自分」を素直に話せたんやと思うんです。

“この自分”で生きる!

 今まで人の話を聞いて、「ようわかる」と言っておきながら、こころでは何もわかってなかったんです。
  頭の中でしかわからん状態でわかるのと、こころからわかるのではぜんぜん違うんです。やっぱり、わかったフリはラク。話も適当に合わせられるから会話のようにみえるけど、こころがないから相手のこころにも伝わっていかないんです。
  人のこころをわかろうとすれば、自分が、自分のこころがわかっていける! そこから、未来が開けていく!  「自分の気持ちがわからん」と言ってきて、 “この自分” じゃいけんと思っていたけど、 “この自分” でいいんやって!
  最近では、自分をわかろうとする自分と、自分を受け入れられない自分がいるんです(笑)。「シャキッとせい!」と言葉で発したあと、こころの中で “本当は違うんで、優しい言い方もできるんで” って(笑)。
“きつい人やな” と思われても仕方ないと思いながら、 “本当の自分は違う” と否定したり、 “優しいところもある” と慰めたり、怒ったり、ひがんだり……。
  今までそんな自分が “すかん、すかん” と思ってきたけど、そういう自分を出してもいいんやなって。ダメな自分を出したらいけんと思うと、自分を出せないんですよ。でも、イヤなところもイイところもすべて自分やなって。
『いま “この自分” に目覚める。』って、こういう自分でいいんやと。自分で自分を認めて、それでイヤな部分を意識して変えていけばいいんや! 今、 “この自分” でいいや、 “この自分” で生きていける! って。
  やっぱり、自分を知るためには、自分で自分の過去を振り返りながら、自分で気づいていくしかないって。
  それもちょっとずつ、ちょっとずつでいいんやって。

(大きな乗りもの 2008年05月号)

▲ページトップへ

2016/05/08 NEW!
“共に生きる” 81
2014/11/10
息子の“こころの話”が聞けた!80
2014/08/08
胸の中がスッとした。79
2014/05/15
私は本当に被害者なのか!?
父と母の生き方からつかんだ“この自分”!
78
2013/08/09
きいてきいて!77
2013/07/16
父と向き合う76
2013/06/11
六十代の本音75
2013/03/10
夫婦二人でテクテク74
2013/02/12
姉弟のはなし73
2013/01/10
スッキリ!72
2012/12/12
聞き、語り合える場があって良かった!71
2012/11/12
「言葉が〝薬〟だ」70
2012/10/10
先に進む手立て69
2012/09/10
カギを閉めていたのは、誰だ?68
2012/08/01
自分のボロを出すのはうれしい事。やっちゃえばしあわせ!67
2012/06/20
相手の話に共感し、相手が聞ける状態になるまで待てる自分に。65
2012/05/17
まずは、子供の話を聞く。 信頼が親と子の絆を強くする 64
2012/04/10
3.11から家族の大切さを再確認、妻の話も聞ける自分になれた
こころの相談室
63
2012/03/15
話を聞くことから学ぶ
こころの相談室
62
2012/02/15
自分を語ることから始まる -全国こころの会- 61
2012/01/20
こころを話す場が地域にある -こころ21- 60
2011/11/25
自分で考えることが大事 -“共に育つ”を語る会-59
2011/11/10
こころを通い合わせる喜び -トライアングルネットワーク-58
2011/10/11
聞いてもらって、今がある57
2011/09/11
私の見つけた! しあわせの近道56
2011/08/10
大人が変わると子供も変わる55
2011/07/10
会えてうれしい!話せてうれしい!54
2011/04/06
人とつながるキッカケづくり53
2011/03/10
水平な三者の支えあい52
2011/02/10
人と一緒に、元気になる51
2011/01/10
身近な人との支え合い50
2010/12/15
「ここにいる」という支えに49
2010/11/10
正直に気持ちを語る大切さ48
2010/10/10
誰もがひとの勇気になれる47
2010/09/15
子供が教えてくれたこと46
2010/08/01
気づき合う人との関わり 45
2010/05/11
“当たり前”の日常 !?そんなものはどこにもなかった。 44
2010/03/16
初めての、人に作ってもらったお弁当。43
2010/02/16
青い空が青く見えるしあわせ。42
2010/01/21
「死にたい」と言う、その人に私は言った、「あなたが死んだら、私は一生傷つく」と。人と人との支え合い。41
2009/12/16
私は主人の尻拭いをする人!?「イヤだね」から始まった、私たちの夫婦革命。40
2009/11/18
父と私、息子と私、人さまと私、同じ目線で向き合って、語り合って元気になる。39
2009/10/26
「お父さんは、ばあちゃんの子供じゃ」38
2009/09/28
父に「死んでしまえ」と言ってしまった…。37
2009/08/17
言い聞かせない、今日頑張ったことをほめてやる。36
2009/07/15
苦しみの先に、まだ変われる自分がいた!35
2009/06/10
お母さん、一緒に生きてくれて、ありがとう。34
2009/04/27
“この自分”でいいや、“この自分”で生きていける!33
2009/03/12
結婚って、不思議やな、 今、家族って聞かれると両方家族。 この家族に会えてよかった!32
2009/02/05
みんな生きてるやんか!
みんな一緒やんか!
31
2008/09/26
教員生活、38年。人間を育てる学校という場で、子供たちから学んだこと。30
2008/07/16
嫌いだった父と二人きりの時間。 ポツリポツリと会話が生まれ、やがて 父の言葉をこころで捉えられるようになった。29
2008/05/26
私のエゴと優しさで、家族をダメにしてきた。今、一歩前へ!28
2008/04/04
恨み続けた23年が、あの人たちの“せい”から、あの人たちの “おかげ” に変わった!27
2008/02/10
「しあわせ」はこれから!家族みんなの決心。 26
2007/12/10
自分だけがガマンしていても何も解決しない。 25
2007/11/12
しあわせになる! 今、改めてスタートを切った 私たち家族の決意です。24
2007/10/13
泣いたり、笑ったり、喧嘩したり。家族で営む、当たり前の生活。その一日一日大切に、暮らしていきたい。23
2007/09/03
自分づくりって、何だろう? 人を大切に思えた時、自分が見えてきた。さらに「なぜ?」を大切に、自分自身を見つめ直す。22
2007/08/10
夫婦、親子、家族のつながりの中でこそ。幸せになります、きっと。21
2007/07/30
「どうせ苦労するなら、3人で苦労しようよ」 目に見えるモノすべてを失って得た娘のひと言。 われに返る。20
2007/07/20
やさしい長男の“いじめ”に愕然、母は奮起。 実は、自分の生き方が問われていた。19
2007/07/10
「保育園は練習するところ」、「れんしゅう?」“会話”が、親を育てる、子を育てる。18
2007/06/30
心にずっとしまってあった “こと”を、やっと口に。私を丸ごと受け止めてくれた父と母に感謝。17
2007/06/20
「一緒に生きようね」、生きる意欲がよみがえる。支えられるだけではなく、支えにもなれる自分を感じて走る。16
2007/06/10
部下をリストラできなくて、自分が会社を辞することに。後悔はしない。これが私の生き方。15
2007/05/30
リストラ、ガードマンに。格好つけててどうする。「今度見に行くね」、家族の応援が心の支え。14
2007/05/20
妹よ、あなたは自ら言葉を発しない。 けれども、いつもニコニコ。 あなたの笑顔が、もしかしたら、 誰かの助けになっているのかもしれない。13
2007/05/10
うつ病と共に生きる。胸にしまい込んでいた本当の気持ちを表に出せた!12
2007/04/30
もう無理に頑張らない。でも、諦めない。車イスの上で学んだこと。11
2007/04/20
子供というのは、ありがたいもんですな。こんなワシでも見捨てんでくれちょる。10
2007/04/10
生きているうちに喧嘩できる相手に感謝しな。 喧嘩できる相手がいるっていうのは幸せだよ。09
2007/03/26
四歳半で突然死。子を失った母が悲しみの中から把んだもの。「それでも自分をやめてしまうわけにはいかない」08
2007/03/12
不登校と家庭内暴力。 「この子がいなければ…」と思ったことも。 息子によって、私は母親になれた。07
2007/02/24
親が見栄、世間体を捨てた時 背中を向けていた子がイキイキと自分の道を。06
2007/02/17
若者たちと、今、真剣に関わっていこう。それが、街を、やがて日本を良くする。05
2007/01/27
自分の存在を認めて欲しい人は両親。僕の真実を語ります。04
2007/01/13
「オレはおらんでもええんじゃろ!」 息子の心の叫びに、 親として、やっと目が覚めた日。03
2007/01/13
辛い思いは、その人も。 十三年間の憎しみの心から解放されて、今。02
2007/01/13
子供たちの思いになって、 親子の縁を結び直すお手伝いをしていきたい。01
ΩΩΩ

書籍について

コチラの書籍にてすべてがご覧になれます。 ご購入は下記サイトからどうぞ。

一陽舎WEBサイト

Amazon.co.jp




about