【しあわせになる本の紹介】 No.09

生きているうちに喧嘩できる相手に感謝しな。
喧嘩できる相手がいるっていうのは幸せだよ。

群馬県高崎市 澤頭信夫(59歳)

亡くしてわかる女房のありがたさ

 昨年、女房の七回忌だった。今でも女房のことを思い出すと、涙がジワーッて出るんだ。これ、時間が経つと大丈夫になるのかなって思ったけど、どんなに時間が経っても変わんないね。年をとった分、余計に辛くなるってこともあるね。
「男やもめにウジがわき、女やもめに花が咲く」っていうけど、本当にその通りだよ。一人になって、とにかく仕事が増えた。買い物、料理、片付け、どれ一つとっても、男にはすごい労力だ。その点、女の人っていうのは、炊事も洗濯も子育ても、当たり前にやっているわけでしょう。すごいよなあ。本当に偉いと思うよ。亡くしてわかる女房のありがたさだね。
俺は典型的な亭主関白で、ずっと仕事一筋の人生を送ってきた。家の中のことや子育ては全部、女房任せにしてきたから、家の中のことは何にもわかんねえんだ。どこに何が置いてあるのかもわかんねえ。女房が死んで、病院から家に戻ってきた次の日の朝、通夜だから背広に着替えた。ところがカフスボタンが見つかんない。どこ探してもないんだ。横になっている女房に、いつもの調子で「おい、カフスボタンは?」って聞きそうになって、はたと気がついた。
「ああ、そうだった。昨日、女房は死んだんだ」
死んだっていう実感がわかないんだなあ。
その後は、ただもう無我夢中だったよ。

17歳と18歳の恋、そして結婚

 俺は昔からガキ大将で、地元のワルのリーダーだった。中学を卒業して普通の高校を受験したんだけど、「こいつがうちの高校に入ったら大変だ」というので落とされたらしい(笑)。定時制高校に通いながら、トラックを扱うディーラー会社に就職したんだ。17歳の時。その時、職場で出会ったのが1つ年上の女房だ。初恋だった。そして、俺にとって初めての女だった。こう見えて、硬派なんだよ(笑)。
女房は、俺と違って地元の旧家の娘で、進学高校を卒業した。女房の兄さんは医者だ。向こうの家族は俺との交際には反対だったけど、俺、結婚するまで目茶苦茶に仕事をして、出世して工場長になっていたからね、向こうの家族もそんな俺を認めてくれたと思う。
24歳の時、晴れて所帯を持ったんだ。昭和40年代、日本の高度成長期だ。
サービス部門(修理)の責任者だった俺も休みなく働いたよ。夜中も日曜日も関係なく、お客さんから「故障した。来てくれ」って家に電話がかかってくるんだ。お客さんが困っているのに、行かないわけにはいかない。夜は一杯入ってるから、女房の運転で現場まですっ飛んで行ったもんだ。「おい、行くぞ」って言うと、女房も「あいよっ」って調子さあ。損得勘定のない俺であり、女房だったね。
39歳の時、脱サラした。世の中学歴社会だから、自分の将来も見えてきたんだ。女房に手伝ってもらって、健康食品や健康器具なんかを扱う商売を始めたら、これが大当たりしてね。健康志向ブームに沸いた頃だったから、ひと財産を築いたよ。220坪の土地を買って、家と事務所を建てた。毎年、お袋と家族を連れて旅行にも出かけた。40代は日の出のごとく、事業を拡大していった時期だったな。

これが運命だと受け入れた。後悔はない

 50歳になる頃、女房が腰が痛いと言い始めた。3つ目の病院で、ようやく大腸ガンだとわかったんだ。すぐに手術した。かなり進行していたけど、不安なんてなかったよ。俺も女房も、絶対に治るって信じていたからね。
それから2年余り、俺たち夫婦の生活は穏やかだった。再発して、また病院に行った時は全身にガンが転移していた。悔しかったよ。もう治療をしないで自然に過ごしたいと本人が希望したんで、俺も同意した。兄さんの病院に入院して、最期は俺と子供と孫が見看った。53歳だった。
若い頃は佐久間良子に似ているってよく言われたなあ。太陽みたいに明るくて、威勢がよくて。きれい好きで、家中いつもキチンと片づいていて。人の面倒見がよくて、人をまとめるのがうまくて。口で何か言うより、先に体が動くっていう女房だった。観音さまみたいな女だった。仕事が早かった分、死ぬのも早いや。せめて60歳まで一緒に生きたかった。
まさか俺より先に女房が逝くなんて考えたこともなかったから、ずいぶん戸惑った。荒れた時もあったさ。口には出せねえが。
でも、思うんだ。どんなに仲のいい夫婦でも、いつかどっちかが先に死んで、どっちかが一人になる。それが遅いか早いかだけの違いで、俺の場合ちっと早かったということだな。これが女房の運命だったんだろう。後悔はない。「安心してくれ、成仏してくれ」。辛いけど、それが女房に対する孝行なんだと思うようになったよ。

傷心の最中、全財産を失う

 20年来の友人だった。女房が手術を受けた直後、「助けてくれ。保証人になってくれ」って俺のところに来たんだ。友人を助けたいっていう気持ちと、人助けをしたら女房も助かるような気がした。「人助けになるならやってやればいいんじゃないの」なんて女房も言うし、その気になった。
「銭はねえけど、保証人ならなってやるよ」
そう言って、自分の土地と家屋敷を担保に銀行から1億8,000万円を借りたんだ。今になってみると、心の隙をつかれたんだね。友人の負債を背負ったのは俺だけじゃねえ。その人の関係で自殺したり、病気になって死んだのは3人もいるんだ。
俺も一時、うつ病みたいになった。生まれて初めてアパート暮らしを経験したり、親戚や友達の家を転々と泊まり歩いたこともある。女房なくして、その上、全財産なくしたんだ、俺だって自殺してもおかしくない状況だったが、死のうとは思わなかった。
なぜって? それは先祖供養をやっていたお袋のお蔭だね。俺は名ばかりのこころの会会員だが、先祖が見ているぞっていう思いが自殺を止まらせたと思う。自分と先祖がつながっているってことを実感しているんだ。これは確かだよ。
それと、周りの人に恵まれたんだね。兄弟衆、子供、友達、皆いいんだ。俺は人に裏切られたけど、今まで一度も人を裏切ったことはねえからな。人との出会いを大事にして、損得なしで生きてきた。だから、俺が大変な時には人が集まってくれるんだと思う。これっていうのは過去の生き方なんだ。
腹わた煮え返る思いをしたこと、思い出さないっていったら嘘になるが、過ぎたことだ。しょうがねえや。自分でつくった財産を自分でなくしたんだから、悔やまねえよ。

すべてなくしたら、不安も一緒になくなるもんだよ

 今までガツガツ仕事してきた。からっけつで始めた事業も成功した。家を建てた、財産をつくった。でも、女房の棺には何一つ、入れられなかったよ。あん時も「ああ、最期は何にもいらねえんだなあ」って思った。土地や家を持つのも、なくなってみれば仮の姿だね。
財産って、あるから不安なんだ。減らしたくないからね。すべてなくしたら、不安も一緒になくなるもんだよ。もし、今、あの財産があったら、俺はきっと酒と女に溺れていたと思う。人の人生を狂わすようなことをしたかもしれない。そうならないように、女房が持っていってくれたのかもしんねえな。
俺は目に見える財産は失ったが、見えない財産が数多くあるってことに気がついた。一つは、親からもらった健康な体だ。それと、俺の大きな財産は人だね。親戚や子供に限らず、俺にはたくさんの友人や協力者がいること。これは心の財産だ。健康食品を売っていた時も、俺は売るだけで終わらなかった。効果はどうかって最後までつきあった。だから、お客さんは俺という人間を信頼してくれた。金がある時は、友人のために惜しまず使ったもんさ。そういう人たちが全国に散らばって、今でも仕事の後押しをしてくれるんだ。
もうすぐ、新しい事業を立ち上げるんだが、そのきっかけをつくってくれたのも友人だ。新しい目標ができて、もう一回、やれるところまでやって城を築こうって思っている。燃えてるんだ、今。
こうなるまでちょっと時間がかかったけど、人間ってのは目標ができると、元気が出るもんだね。それと、迷わず本当のことが言えるようになる。自分のこと、こんなにしゃべったのは初めてだよ。
生きているうちに喧嘩できる相手に感謝しな。喧嘩できる相手がいるっていうのは幸せだよ。

(大きな乗りもの 2001年11月号)

▲ページトップへ

2016/05/08 NEW!
“共に生きる” 81
2014/11/10
息子の“こころの話”が聞けた!80
2014/08/08
胸の中がスッとした。79
2014/05/15
私は本当に被害者なのか!?
父と母の生き方からつかんだ“この自分”!
78
2013/08/09
きいてきいて!77
2013/07/16
父と向き合う76
2013/06/11
六十代の本音75
2013/03/10
夫婦二人でテクテク74
2013/02/12
姉弟のはなし73
2013/01/10
スッキリ!72
2012/12/12
聞き、語り合える場があって良かった!71
2012/11/12
「言葉が〝薬〟だ」70
2012/10/10
先に進む手立て69
2012/09/10
カギを閉めていたのは、誰だ?68
2012/08/01
自分のボロを出すのはうれしい事。やっちゃえばしあわせ!67
2012/06/20
相手の話に共感し、相手が聞ける状態になるまで待てる自分に。65
2012/05/17
まずは、子供の話を聞く。 信頼が親と子の絆を強くする 64
2012/04/10
3.11から家族の大切さを再確認、妻の話も聞ける自分になれた
こころの相談室
63
2012/03/15
話を聞くことから学ぶ
こころの相談室
62
2012/02/15
自分を語ることから始まる -全国こころの会- 61
2012/01/20
こころを話す場が地域にある -こころ21- 60
2011/11/25
自分で考えることが大事 -“共に育つ”を語る会-59
2011/11/10
こころを通い合わせる喜び -トライアングルネットワーク-58
2011/10/11
聞いてもらって、今がある57
2011/09/11
私の見つけた! しあわせの近道56
2011/08/10
大人が変わると子供も変わる55
2011/07/10
会えてうれしい!話せてうれしい!54
2011/04/06
人とつながるキッカケづくり53
2011/03/10
水平な三者の支えあい52
2011/02/10
人と一緒に、元気になる51
2011/01/10
身近な人との支え合い50
2010/12/15
「ここにいる」という支えに49
2010/11/10
正直に気持ちを語る大切さ48
2010/10/10
誰もがひとの勇気になれる47
2010/09/15
子供が教えてくれたこと46
2010/08/01
気づき合う人との関わり 45
2010/05/11
“当たり前”の日常 !?そんなものはどこにもなかった。 44
2010/03/16
初めての、人に作ってもらったお弁当。43
2010/02/16
青い空が青く見えるしあわせ。42
2010/01/21
「死にたい」と言う、その人に私は言った、「あなたが死んだら、私は一生傷つく」と。人と人との支え合い。41
2009/12/16
私は主人の尻拭いをする人!?「イヤだね」から始まった、私たちの夫婦革命。40
2009/11/18
父と私、息子と私、人さまと私、同じ目線で向き合って、語り合って元気になる。39
2009/10/26
「お父さんは、ばあちゃんの子供じゃ」38
2009/09/28
父に「死んでしまえ」と言ってしまった…。37
2009/08/17
言い聞かせない、今日頑張ったことをほめてやる。36
2009/07/15
苦しみの先に、まだ変われる自分がいた!35
2009/06/10
お母さん、一緒に生きてくれて、ありがとう。34
2009/04/27
“この自分”でいいや、“この自分”で生きていける!33
2009/03/12
結婚って、不思議やな、 今、家族って聞かれると両方家族。 この家族に会えてよかった!32
2009/02/05
みんな生きてるやんか!
みんな一緒やんか!
31
2008/09/26
教員生活、38年。人間を育てる学校という場で、子供たちから学んだこと。30
2008/07/16
嫌いだった父と二人きりの時間。 ポツリポツリと会話が生まれ、やがて 父の言葉をこころで捉えられるようになった。29
2008/05/26
私のエゴと優しさで、家族をダメにしてきた。今、一歩前へ!28
2008/04/04
恨み続けた23年が、あの人たちの“せい”から、あの人たちの “おかげ” に変わった!27
2008/02/10
「しあわせ」はこれから!家族みんなの決心。 26
2007/12/10
自分だけがガマンしていても何も解決しない。 25
2007/11/12
しあわせになる! 今、改めてスタートを切った 私たち家族の決意です。24
2007/10/13
泣いたり、笑ったり、喧嘩したり。家族で営む、当たり前の生活。その一日一日大切に、暮らしていきたい。23
2007/09/03
自分づくりって、何だろう? 人を大切に思えた時、自分が見えてきた。さらに「なぜ?」を大切に、自分自身を見つめ直す。22
2007/08/10
夫婦、親子、家族のつながりの中でこそ。幸せになります、きっと。21
2007/07/30
「どうせ苦労するなら、3人で苦労しようよ」 目に見えるモノすべてを失って得た娘のひと言。 われに返る。20
2007/07/20
やさしい長男の“いじめ”に愕然、母は奮起。 実は、自分の生き方が問われていた。19
2007/07/10
「保育園は練習するところ」、「れんしゅう?」“会話”が、親を育てる、子を育てる。18
2007/06/30
心にずっとしまってあった “こと”を、やっと口に。私を丸ごと受け止めてくれた父と母に感謝。17
2007/06/20
「一緒に生きようね」、生きる意欲がよみがえる。支えられるだけではなく、支えにもなれる自分を感じて走る。16
2007/06/10
部下をリストラできなくて、自分が会社を辞することに。後悔はしない。これが私の生き方。15
2007/05/30
リストラ、ガードマンに。格好つけててどうする。「今度見に行くね」、家族の応援が心の支え。14
2007/05/20
妹よ、あなたは自ら言葉を発しない。 けれども、いつもニコニコ。 あなたの笑顔が、もしかしたら、 誰かの助けになっているのかもしれない。13
2007/05/10
うつ病と共に生きる。胸にしまい込んでいた本当の気持ちを表に出せた!12
2007/04/30
もう無理に頑張らない。でも、諦めない。車イスの上で学んだこと。11
2007/04/20
子供というのは、ありがたいもんですな。こんなワシでも見捨てんでくれちょる。10
2007/04/10
生きているうちに喧嘩できる相手に感謝しな。 喧嘩できる相手がいるっていうのは幸せだよ。09
2007/03/26
四歳半で突然死。子を失った母が悲しみの中から把んだもの。「それでも自分をやめてしまうわけにはいかない」08
2007/03/12
不登校と家庭内暴力。 「この子がいなければ…」と思ったことも。 息子によって、私は母親になれた。07
2007/02/24
親が見栄、世間体を捨てた時 背中を向けていた子がイキイキと自分の道を。06
2007/02/17
若者たちと、今、真剣に関わっていこう。それが、街を、やがて日本を良くする。05
2007/01/27
自分の存在を認めて欲しい人は両親。僕の真実を語ります。04
2007/01/13
「オレはおらんでもええんじゃろ!」 息子の心の叫びに、 親として、やっと目が覚めた日。03
2007/01/13
辛い思いは、その人も。 十三年間の憎しみの心から解放されて、今。02
2007/01/13
子供たちの思いになって、 親子の縁を結び直すお手伝いをしていきたい。01
ΩΩΩ

書籍について

コチラの書籍にてすべてがご覧になれます。 ご購入は下記サイトからどうぞ。

一陽舎WEBサイト

Amazon.co.jp




about